スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お読みいただきありがとうございます。よろしければ応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

父子家庭の実態と運動がNHKのニュースに 

 昨日、私がツイッターでフォローしている片山知行氏(全国父子家庭支援団体連絡会)から、今日の朝7時からのNHKニュースで父子家庭の実態などについて報道があると情報を受けました。このブログ上でも共有しておきます。

 まず、とある父子家庭の実態がレポートされました。仮にAさんとしておきます。Aさんは、5年前に離婚して現在は小学5年生の息子さんと2人暮らし。以前は携帯電話の会社の営業をしていましたが、離婚した後に心臓に重い持病を持つ息子さんの入院と手術のため、仕事を長期的に休まざるを得なくなりました。その結果、仕事先からは長期的に休むことへの理解が得られず、解雇されてしまいました。

 Aさんは行政に対して援助を求めますが、父子家庭に対する援助の制度はないと言われるだけでした。現在は首都圏に住んでいるAさんの実家は鹿児島で、自分の近くに息子さんを安心して預けられる人はいません。
 
 Aさんは秋葉原にあるダイニングバーで働いています。未だ持病のある息子さんのそばにいつもいる必要があるため、息子を連れて行ってもいい職場を探したところ、そこで働くことになったのです。職場には学校帰りの息子さんを連れて行きます。Aさんが働く傍ら、息子さんは職場で宿題を済ませ、眠くなると店の隅のソファで寝ます。Aさんの勤務が終わるのは午前0時。Aさん親子の実態の紹介は、ソファで寝てしまった息子さんを起こすAさんのシーンで終わりました。

 父子家庭を支援するNPOには上記のような実態や、それにあえぐ父親たちの切実な声が多く寄せられていました。そこで昨年11月にできたのが、全父子家庭支援団体連絡会(略称:全国父子連)です。厚労省や政党への要請活動の結果、来年度から父子家庭への月4万円の児童扶養手当が支給されることになりました。

 この全父子連の代表を務めるのが片山氏。普段は新潟で仕事をしつつ、会の活動のため週に1,2回は東京に行かれるそうです。お子さんを2人も抱えながら仕事・活動・育児の3つをこなす姿がレポートされました。

 しかし、児童扶養手当の支給だけでは父子家庭の問題は解決しません。今後の更なる支援が必要であることが指摘されてレポートは終わりました。

 放送後のツイッターの状況を見ると、結構編集段階でカットされていた模様です。しかし、父子家庭が置かれている実態、それを改善しようとする取り組みが簡潔にまとめられていて、良い報道だったのではないかと思います。

 父子家庭の問題がなぜ出てきたのかというと、1990年代半ばまで日本の標準とされ、社会保障や雇用慣行などさまざまな制度の前提になってきた、父親はサラリーマンで母親は専業主婦、子供は2人、一家の生活は父親の収入でまかなわれるという家族のあり方が、もはや崩れてしまったからだと考えられます。

 Aさんの事例からも分かるように、男である以上は仕事に専念することが雇用上求められ(もっともこの場合解雇に違法性の疑いあり)、母子家庭より収入があるという理由で公的な支援策はなかった(ただ、Aさんに応対した職員は生活保護などを紹介すべきではなかったか?)わけです。しかも、男性であるからといって安定した収入が得られるとは限らない社会になってしまいました。社会保障制度の再構築は急務でしょう。

 今後も、父子家庭の実態やその運動に注目していきたいと思いました。

片山氏のブログ
シングルパパは社会企業家

全国父子家庭支援団体連絡会
公式サイト
スポンサーサイト
お読みいただきありがとうございます。よろしければ応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
| HOME |
Copyright © 木尾原研究所 All Rights reserved. Design By Kana.

木尾原研究所

プロフィール

木尾原研究所

Author:木尾原研究所
鹿児島県出身、横浜市在住で東京の大学に通う学生。法学部在学中。初めての方はこのブログについてをお読みください。

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

人気ブログランキング

改憲反対

歴史修正主義に反対します

教育基本法改悪反対

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。